団塊世代、定年後の再就職とライフワーク支援

団塊世代、定年後の再就職と充実人生

団塊世代、退職金は使わないで
貯金して再就職しよう

  
団塊世代の大量退職が始まりました。
会社人間として永年、一年中、通勤電車に揺られながら会社生活を続けて来ましたが、ついに会社を離れる時が来ました。
退職後は、年金を貰いながら自由気ままに暮らすなんて、普通のサラリーマンは夢物語です。少ない年金のカバーのため再就職をしたいと望みますが、なかなか適当な仕事はありません。会社での永年の経験を活用したいのですが、やはり職務の内容と安い給料では再就職の気持ちも失せてしまいがちです。でも、諦めないでください。そんな、あなたの想いを具体化するべく、再就職に向けて支援してくれるところがあるのです。
再就職後のライフプランも作ってくれて、再就職意欲のある方々を対象に、「再就職支援総合セミナー」と言う事業が実施されています。
また、現役時代に、永年の仕事実務において、特別な専門分野で多彩な経験と能力を身に付けてこられた方々に対しては、再就職先の中小企業等で即、使える戦力として再び、活躍するための実践力としての知識や技能が身に付く人材開発の講座も実施されています。その再就職成功のための講座修了時には、実際の企業への集団面接などの斡旋支援も行ってくれるようです。
悠々人生を過ごすための収入作りを始めませんか?金銭的負担はありません。
スローライフ実現のための収入作り教室

団塊世代の再就職支援

ついに登場しました。団塊世代の定年退職後の再就職を支援してくれる場ができたのです。2007年より始まった団塊世代の人々が、永年、勤めた会社を定年退職することとなりました。
団塊世代の大量の定年退職を前に、実施したアンケート調査によると、「定年後の生き方が分らない」「まだまだ、精神的にも肉体的にも若いので、これからも先も、現役を引退することなく、世の中の役立つ仕事をして、同時に収入を得たい」との声がたくさん聞かれます。
ある機関が実施した調査では、定年後の60歳を過ぎても、何か仕事をしたいと考えている団塊世代が、実に7割以上もいることが分りました。そして、受け入れ側企業の方でも、シニア世代が永年、培ってきた知識や経験を、より安いコストで利用できる機会ととらえて、受け入れ態勢が整備されています。
団塊世代の人の考えでは、定年後、同じ会社に残って働けば、再就職の苦労も無いのですが、今までは、上司として若者の上で職場をリードしてきたのですが、退職後は、逆に、若い後輩の下で、更に安い給料で働かざるを得ない状況には耐えられないと言うことで、会社を離れると言う人が非常に多いようです。そんな、団塊世代の再就職希望者と、人材不足を嘆く企業とをつなぐ場ができたと言うことは、時代の流れでもあるのでしょう。


団塊世代、定年後の過ごし方

団塊世代の定年者たちの、趣味や余暇などに使える時間が、当然増えていきます。テレビやラジオ報道番組でも報道されていますが、第二の人生を楽しむことを模索する人達が増えています。人生、再び、昔であれば限られた短い時間でしたが、今の日本人は、世界一にの長寿国になっています。そのためかどうか、定年後の人生を充実させたいと、自由自在に暮らすことを目的に海外移住を実行する人が出てきました。また、ただ、残された人生を何の生きがいもなく過ごすことも出来ません。そのため、可能なら、サラリーマン時代の経験を活かした仕事をしたいと思っているのです。すべての団塊世代がそうではないにしても、基本的にはもう直ぐ定年を迎えるということで、普通の会社に勤めていれば、それなりの退職金が手に入り、大企業ならば、企業年金等の制度も充実していて、贅沢さえしなければ、生活には困らないと思います。それでも、実際に定年となると、長い間、会社と言う仕事のリズムをきちんとこなしさえすれば何とかなってきましたが、定年後はそのリズムはありません。定年後燃え尽き症候群と申しますか、人生の目的を見失う人もいるのです。

団塊世代、定年後の生きがい

それでも、生き甲斐やライフワークは、探せば次々出てきます。
要は、その覚悟があるかどうかと言うことなのです。

定年後を、有意義に生きるポイントは、楽しくなければ、やる楽しみもない、
義務感でやってもそれは、やる意味がない、と言うことです。
探せば、いろいろあるでしょう。若い現役時代、夢に見ながらできなかったことが、今、
確実に実行出来る時期が来たのです。そして、そのことによっては、それが、また、収入になると言うことをイメージしてみましょう。
旅行も良いですネ。あなたは、旅行は好きですか?国内・海外行ってない所は多いはずですよ。自然、人、食べ物どれも知りたい。世界遺産を巡る旅でも良いし、自分探しための四国八十八箇所巡礼の旅でも良いでしょう。同行二人、ふだんは、考えもしなかった自分とめぐり合うかも知れません。

団塊世代の世代の趣味と実益

また、田舎に移住して、あるいは、都会に住みながら、週末農業(ウィークデーは都会で暮らして、週末は田舎暮らしをすること)をするのも良いでしょう。また、男性なら、家庭料理にトライするのも楽しいですよ。(各地の自治体などが開いている男性のための料理教室に参加して料理をしてみると、非常に奥が深く、また、調理の楽しさも発見でき、楽しいことに驚かされますよ)、また、、現役時代にはできなかったことを存分に楽しむこともできます。(短歌、俳句、川柳、書道、絵画、カメラ、コーラス、音楽、楽器演奏、カラオケ、民謡、長唄、太鼓、尺八、舞踊、フラダンス、などなど)、更に健康法では(気功、太極拳、練功十八法、ヨガ、水泳、座禅、写経など) などなど、考えれば、無数にやることはあるでしょう。要は、老け込まないためには、積極的に社会と関わりをもって生きるべきなのです。
私なんか、今、練功十八法や二十四式太極拳をやっています。健康増進にもなり将来は、太極拳のインストラクターの資格を取って、講師収入を得たいと考えております。

田舎暮し情報 不動産売却センター 田舎暮しのための転職 競売不動産知識
中古住宅のメリットデメリット 転職とスローライフ 太極拳とメタボ 糖尿病の自力克服
 中古住宅の売却査定 四国徳島の不動産情報   海陽町の新規就農物件  阿南市の農家用住宅
 徳島の海が見える別荘  鳴門の海が見える別荘  住宅予算チェック 相互リンク
  • seo
Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.